マーケティングオートメーションってどんなもの?

面倒な作業を自動化出来るソフト

企業がマーケティングをするときは人手を使って行うのが一般的でした。コストが時間がかなりかかってしまうためデメリットになる部分が多いのが特徴です。
これを改善したのがマーケティングオートメーションでほとんど自動化するツールとなっています。どのようなものなのかというとウェブサイトの訪問者を分析したりレポート作成機能といったものをひとまとめにしているソフトウェアです。
顧客と関係を築くために必要なものがひとまとめになっているもので、各顧客に対応するメールのカスタマイズができる仕様をしています。一般の人に対応するBtoCとビジネスに対応するBtoBに特化したソフトウェアが用意されているので用途に応じて選択可能です。

オートメーション化が必要な理由とは

従来まで商談を行い開拓していく手法が一般的でしたが、これが限界に近づいてきたためオートメーション化が必要になりました。インターネットが普及して情報収集が簡単になったためベンダーを使って情報を集める必要がなくなったのが大きな理由です。
BtoBの場合テレアポと呼ばれる歩法を使って商談をしていました。今は商談につながる可能性が非常に少なくなっている、営業担当者があまりテレアポをしたがらないといった時代の変化により今までの方法が通用しないのが現状です。
顧客はITを使った買い物をする時に8割以上がネット検索を使っています。これによりインターネットを使ったマーケティングオートメーション化が効果を発揮してくれるため需要が高まっているといえるでしょう。